エンゼルス・大谷翔平がオークリー社とパートナーシップ締結「適切なギアを身に着けることが大切」

2020年06月25日 11時41分

 大手サングラスメーカーのオークリー社が25日、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(25)とパートナーシップを締結したことを明らかにした。

 大谷はオークリー社を通じ「さまざまなスポーツカテゴリーのトップアスリートがそろうチームオークリーの一員となれたことに、とてもワクワクしています。どんな状況であっても、適切なギアを身に着けることが大切だと思っています。自分自身にとって最高のパフォーマンスに欠かせないオークリーアイウエアの革新的なテクノロジーは、僕のシグネチャーコレクションでも確かめることができます。これからフィールドでもプライベートでも着用できることを楽しみにしています」(原文ママ)とコメントした。

 コメント中にもあった「チームオークリー」のメンバーには、今年のスーパーボウルLIVチャンピオンとMVPを獲得したパトリック・マホームズ、2017年にMLBルーキーオブザイヤーを飾ったアーロン・ジャッジ、過去2度にわたりマスターズチャンピオンを手にしたバッバ・ワトソンのほか、日本からはイチロー、松山英樹、平野歩など競技を問わず、著名な選手らが名を連ねている。