大谷 ドラフト候補選手らへエール

2020年06月11日 16時30分

大谷翔平(ロイター=USA TODAY Sports)

【ロサンゼルス発】MLBのドラフト会議は10日(日本時間11日)に1巡目指名が行われた。エンゼルスの大谷翔平投手(25)は自身のインスタグラムを更新し、2012年の日本ハム入団会見時の写真とともに、ドラフト候補選手らへエールを送った。

 大谷は12年12月25日に日本ハムと契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で正式契約し、札幌市内のホテルで入団会見を行った。その際に撮影した背番号「11」のユニホームに袖を通してポーズをとった写真とともに英語で次のようなメッセージを添えた。「ドラフトは、いつまでも特別なものです。MLBのキャリアを今日から始めることになる選手の皆さんの幸運を祈ります」

 今年のMLBのドラフト会議は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でオンラインで行われ、従来最大40巡目だった指名は5巡目までに削減。3日間の日程も短縮され、1日目に1巡目、2日目の11日(同12日)に2~5巡目が指名される。