ジーター氏が揺れる米国社会にメッセージ

2020年06月06日 16時30分

 マーリンズのCEOで元ヤンキースのデレク・ジーター氏が4日(日本時間5日)、米テレビ局のインタビューで、コロナ禍や白人警官による黒人男性の殺害事件などで揺れる米国社会が日常を取り戻せるよう「あなたが望んでいるチャレンジの時期は、人々に最高のものを引き出します」「私たちは立ち直りつつあります。少し時間がかかりますが、光がトンネルの終わりにあり、これまでにないほど力強く戻ってくることを望んでいます」などとメッセージを送った。

 現役時代にヤンキースを5度の世界一に導いたジーター氏は今年、資格1年目で米野球殿堂入りを果たした。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響で7月にニューヨーク州で行われる予定だった式典は中止され、来年と合同で開催されることになった。