アスレチックス マイナー週給打ち切り&従業員を一時解雇

2020年05月28日 16時30分

【ロサンゼルス発】米スポーツ専門局ESPN(電子版)は27日(日本時間28日)にアスレチックスが6月からマイナーリーガーらへの支払い打ち切りや従業員の一時解雇を決断したと伝えた。マーリンズやパドレスは8月末まで傘下のマイナーリーガーらに週給400ドル(約4万3000円)の継続を発表している中で動揺が広がりそうだ。

 同電子版によると、アスレチックスのフォーストGMは26日(同27日)に傘下マイナー8球団の選手らに「残念ながら、組織全体の現状を考慮し、5月31日以降は毎週400ドルの給付を継続しないことを決定しました。申し訳ありません」とメールで伝えた。健康保険については引き続き助成するとした。チームは同日に従業員らに減給や一時解雇を通達している。

 メジャー30球団は3月に5月末までマイナー選手に毎週400ドルを支給することで合意していた。アスレチックスは打ち切りを発表した最初の球団となった。

 なお、ベースボールアメリカ誌(電子版)によると、ホワイトソックスは6月末までの延長を決定。フィリーズは6月末まで延長するも減額の予定だという。