MLB約80試合で7月上旬開幕か

2020年05月11日 11時30分

 CBSスポーツなど複数の米メディアは10日(日本時間11日)に米大リーグ機構(MLB)が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で見通しが立っていない開幕を7月上旬とし、レギュラーシーズンを約80試合とする今季の開催案を各球団のオーナーと11日(同12日)にオンライン会議で協議。早ければ12日(同13日)にも米大リーグ選手会へ提案する方針だと報じた。

 米スポーツサイトのジ・アスレチックが9日(同10日)に伝えた開催案によると、7月上旬に開幕して通常の162試合から80試合程度に短縮。試合は可能な限り各球団の本拠地で行い、現行の東西、中地区でア、ナ両リーグの同地区の球団とだけ対戦する。

 ポストシーズンの出場枠を両リーグとも5チームから7チームに増やし、リーグ最高勝率のチーム以外は地区シリーズの前に3回戦制の「ワイルドカードラウンド」を行う。

 今季から出場選手登録枠は1人増え、26人の予定だったが、さらに45~50人に増やすという。

 また、MLBは無観客試合で各チームの収入が減少するため、選手にさらなる年俸削減も要望すると予想される。すでに3月時点で年俸は日割り計算とすることで合意しているため、選手会の反発が予想される。

 さらに健康対策も重要だ。選手やスタッフが感染した場合や、球場近隣で感染確認された場合はどうするのか。また、米国とカナダの入国制限が継続されれば、移動ごとに14日間隔離を求められる。MLBと選手会は合意できるか。