MLB 25球団が5月末まで従業員の給料を支払う見通し

2020年04月23日 16時30分

【ロサンゼルス発】米スポーツ専門サイト「アスレチック」は21日(日本時間22日)にタイガースが従業員らの給料全額支給および補償制度を期限なしで続けると発表、ロッキーズも可能な限り給料を支払い続ける措置をとることを決めたと伝えた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕の見通しが立たない中、21日の段階で全30球団中25球団が5月末まで従業員の給料を支払う見通しであることが各球団の発表で分かっている。

 タイガースのCEO兼会長のクリス・イリッチ氏は「タイガースは従業員や球場スタッフらを解雇および一時解雇するつもりはありません。我々は従業員、ファン、コミュニティーに強い価値観を持つ家族経営の会社です。我々はより長期的な対応をとっていく所存です」との声明を発表。従業員の不安を打ち消した。

 ロッキーズは従業員らへの給料支給について公の言及を避けた上、ディック・マンフォート・オーナーは直々に従業員らへ情報を公開しないようお願いしたとしている。他球団への圧力にならないようにとの配慮とされ、ある従業員は「彼は野球界で最高のオーナーだ」と話したという。