MLB全球団監督ら給与減額へ

2020年04月21日 11時30分

マンフレッド・コミッショナー(ロイター=USA TODAY Sports)

 米スポーツ専門サイトの「アスレチック」は19日(日本時間20日)に米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーが全30球団に監督やコーチ、スカウトやフロントの一部らへの給与減額や一時帰休を5月1日(同2日)から可能にするように規定を緩和する方針を近日中に通知すると報じた。マイナーの監督やコーチらも含まれるという。

 今季は新型コロナウイルス感染拡大により3月中旬にオープン戦が中止され、レギュラーシーズン開幕の見通しも立っていない。MLBと選手会の間ではレギュラーシーズンが短縮されたり、中止になった場合の年俸補償やFAの登録日数加算などで3月下旬に合意していた。だが、監督やコーチらの給与については、ガイドラインが決まっていなかった。給与の支払いが一時停止になったとしても、健康保険は現状維持となるようだ。

 また、複数の米メディアがレギュラーシーズンが無観客で開催された場合、MLBは選手たちに追加の給与カットを求めるだろうと伝えた。