ヤ軍ニックネーム投票「ゴジラ」松井氏は2回戦惜敗

2020年03月24日 14時00分

松井秀喜氏

 ヤンキースの試合を中継しているテレビ局のYESネットワークが公式ツイッターで行っているヤンキース選手の歴代ニックネームのナンバー1を決めるファン投票の2回戦が23日(日本時間24日)に行われた。松井秀喜氏(45)の「ゴジラ」はルー・ゲーリッグの「アイアン・ホース」と対戦し1037票中、得票率43%で残念ながら敗れた。

 ゲーリッグは通算2721安打、493本塁打、1995打点、通算打率は3割4分。1934年に3冠王に輝き、通算2130試合連続試合出場は94年にリプケンに塗り替えられるまでメジャー記録だった。39年に史上最年少で米野球殿堂入りし、背番号「4」はMLB史上初の永久欠番になった。「ゴジラ」はヤンキース、MLBを代表するレジェンドを相手に大健闘したといえるだろう。

 ちなみに「アイアン・ホース」は1回戦で米野球殿堂入り選手対決となったスイッチヒッター史上最多の通算536本塁打をマークしたミッキー・マントルの「Commerce Comet」に85%対15%で圧勝している。2009年のワールドシリーズMVPはそれだけファンの心に残っているということだ。