米CBSスポーツが「メジャー開幕5つのシナリオ」掲載

2020年03月18日 11時30分

 米CBSスポーツ(電子版)は17日(日本時間18日)に新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、開幕が再延期されたメジャーの今季に関し「可能性として考えられる5つのシナリオ」というタイトルの特集記事を掲載した。

(1)5月29日(同30日)に開幕し、7月14日(同15日)にドジャー・スタジアムで予定されているオールスター戦も行うというもの。ただし、シーズンは162試合から大幅減となる105試合から110試合になると見込む。

(2)6月中旬の開幕。ただし、予定通りにオールスター戦を実施するには遅いため、代わりに公式戦3連戦を組むことを提言した。

(3)7月4日(同5日)の米独立記念日に開幕。当初の予定通り9月27日(同28日)にシーズン最終戦を行うとして85日で、例年の半分の81試合を行う。ただし4日しかオフがないことについては選手会の了承を得る必要があるとも。

(4)8月1日(同2日)に開幕。プレーオフの始まりを2週間遅らせることで72試合が実施できる。“野球なし”より“野球あり”の方がいい、という主張も加えた。

(5)シーズンのキャンセル。米疾病対策センター(CDC)が15日(同16日)に今後8週間、50人以上が集まるイベントの中止を要請。トランプ米大統領は16日(同17日)に感染拡大の終息は「7月か8月ごろになるのではないか」との見解を示した。終息しないまま8月を迎えれば、МLBはシーズンをキャンセルにせざるを得ないだろうと指摘した。最悪の事態は避けたいが…。