エンゼルス 大谷の肉体と健康を徹底チェック

2020年03月12日 11時30分

二刀流の完全復活を目指す大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

【ロサンゼルス発】進化を続ける野球界の最先端を行くのがエンゼルスと大谷翔平投手(25)――。米スポーツサイトのファンサイデッドは「1世代に1人の才能である大谷翔平を持つエンゼルスは、彼が健康であり続けるためにありとあらゆる細かなディテールを追跡している」と伝えた。

 これはスポーツ・イラストレイテッド誌(電子版)で10日(日本時間11日)に掲載された大谷特集を受けてのもの。記事ではエンゼルスが大谷のエネルギーレベル、睡眠、筋肉痛、栄養などを細かくモニターし、標準値から5%以上の変化があった場合にはトレーナー、コーチ、監督らに「イエローライト」の警告が発せられるなどのシステムが考案されたことが明かされた。

 エンゼルスは大谷に試合数や球数のほかに、一塁走者でけん制で帰塁した回数など試合での激しい動きなどもモニターしているという。

 ファンサイデッドによれば、チームがこぞって投資しているのがこの分野だという。

「健康科学と生体力学は、チームなどが新たに見つけようと最も力を入れている分野。これまでオーバーワークを避けるための管理はされてきたが、変化しているのは、試合中に選手にかかる負荷、またはストレスを評価するために使用される指標だ。エンゼルスはこの分野において、どこよりも秀でようと努力している」

 二刀流の完全復活を目指す大谷。球団は万全な状態でプレーできるようにバックアップ
している。