大谷 二刀流完全復活へプルペンで全球種投げた

2020年02月27日 11時30分

【アリゾナ州テンピ発】エンゼルスの大谷翔平投手(25)は26日(日本時間27日)にキャンプ2度目のブルペンに入り、全球種を交え計41球投げた。最速は84マイル(約135キロ)だった。23日(同24日)の初ブルペン時はストレートのみで20球、最速は81マイル(約130キロ)。強度を上げたということは二刀流完全復活に順調ということだ。

 チームとは別メニューの大谷はリハビリ中の右腕バトリーとストレッチで汗を流し、キャッチボール63球で肩を慣らすとブルペンに入った。

 トレーナーやコーチらが見守る中、15球、15球、15球の3セットを1~2分のインターバルを設けて投球。腕の振りや足の上げ方などを確認しながら、ストレート27球、カーブ11球、スプリット2球、スライダー1球と計41球投げた。

 平然とした表情でブルペンを後にするとウエートトレーニングやケージでの打撃練習など打者としても調整した。

 大谷は2度目のブルペンでは「投げ心地よくしっかり投げるということと、明日の反応を見ること」を意識。投げた感覚は「全体的には良かったと思いますね。すんなりというか、力を入れてまずまず良いボールを投げていたと思うので。変化球もまずまず良かったかなと思います」と話した。

 エプラーGMは5月中旬の投手復帰を期待。マドン監督はDH制のないナ・リーグとの交流戦などでDHを解除するリアル二刀流の構想を明かしている。大谷は段階を踏んでギアを上げていく。