大谷「4番・DH」で無安打1死球「距離がいまいち取れてないんだな」

2020年02月26日 11時30分

【アリゾナ州テンピ発】エンゼルスの大谷翔平投手(25)は25日(日本時間26日)に本拠地でのレッズ戦に「4番・DH」でオープン戦初出場し2打数無安打1死球だった。

 大谷は今年のキャンプでは右足を上げてタイミングを取る新打法に取り組む一方で、昨年までのノーステップ打法でも打っている。試合前のフリー打撃でも両方で打っていた。

 初回一死一、二塁で迎えたオープン戦初打席は新打法を試した。先発右腕デ・レオンの内角高めのストレートを右のエルボーガードに受け、死球で出塁した。

 第2打席は2回二死二塁で2番手の右腕リリーと対戦。ノーステップだった。カウント1―2からの4球目、チェンジアップにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。

 4回二死無走者の第3打席、マウンドは4番手の右腕レイエス。第1打席と同様、右足を上げてタイミングを取った。初球のストレートを空振り、2球目の低めのストレートを打って、遊ゴロに倒れた。この打席で交代。クラブハウスに引き揚げる際にはサインを求めるファンに丁寧に応対した。

 1打席目の死球については「ヒジは問題ないです。(球に対しての)反応が遅かったので、距離がいまいち取れてないんだなとは感じました」と大事に至らなかったと強調。

 右足を上げるか上げないかの判断については「(足は)もともと上げていなかったりしているので、どちらがいいというより、どちらもやっていく中で気づくこともあると思うので、足を上げながら打ちにいって違う感覚の時もありますし、それはいろいろやってよいと思います」。ただ、「シーズン中にはコロコロ変えないと思います」と付け加えた。

 打席の感覚については「距離感がちょっと遅いなとは感じたので、次戦以降まずはそこじゃないかと」と課題を挙げた。