レイズ・筒香魅せた!! 28球中4本柵越え

2020年02月19日 11時30分

【フロリダ州ポートシャーロット発】レイズの筒香嘉智外野手(28)は18日(日本時間19日)にDeNA時代と同じ背番号「25」のライトブルーのユニホームに身を包んでキャンプインした。初日のメニューを終えた筒香は「日本に比べ練習時間の短い中、濃い内容になった。充実した時間を過ごすことができた」と白い歯をのぞかせた。

 見せ場はフリー打撃で、28球で4本の柵越えをマークした。米国流で打撃投手がマウンドのかなり前方から投げるため「想像以上に近かった」と最初は苦戦したが慣れると、中堅や右方向への力強い打球がフェンスを越えた。

 22日(同23日)にはオープン戦がスタート。短い準備期間でメジャーのストライクゾーンへの適応が求められる。「好結果が出ないと不安は解消されない。そのためにいい準備をしたい」と力を込めた。

 チームメートとは笑顔で談笑。キャッシュ監督は「とにかく気持ちよくプレーしてほしい」と期待を寄せる。日本を代表する長距離打者はどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。