レッズ移籍の秋山 ファンに感謝「ライオンズの誇りを持ってアメリカに」

2020年01月20日 14時04分

会見した秋山

 西武から海外FA権を行使しシンシナティ・レッズに移籍した秋山翔吾外野手(31)が20日、西武球団事務所を訪れ居郷社長、渡辺GMや球団職員にあいさつを行った。

 正面玄関で渡辺GMの出迎えを受けた秋山は恐縮しながら深々と在籍した9年間のお礼を込めて一礼。その後、球団職員に移籍の報告をし、最後に女性職員から花束を受け取った。

 その後の会見で秋山は「GMには『おめでとう』と言ってもらいました。球団としてはそんなに言いたい言葉ではないと思いますけど、(居郷)社長や(後藤)オーナーとも電話させていただいた。出るからにはしっかりやらないといけないなと思いました」と快く送り出してくれた球団への感謝を語った。

 また「ファンの方に育ててもらった。声援を受けて励みになる時、しっかりやらなければいけない時、それはやっぱりファンのみなさんの厳しい目、温かい目があり、それに応えたいと思ってやってこれた9年間だった。ライオンズの誇りを持ってアメリカに行ってきます」とも振り返った。

 そして西武時代一番の思い出を聞かれた秋山は「ひとつに絞るのは難しい。この5年間ずっと試合に出ていた中で、その半分はこの球場(メットライフドーム)で声援を受けて、やっぱり僕の中では登場曲(人にやさしく=ザ・ブルーハーツ)を変えずにやってきたこと。あの応援歌の流れというのはすごい励みになったし、それに応えられるようにやりたいと思っていた」とファンへの感謝の気持ちを語っていた。