筒香 日本時間18~19日にも移籍先決定か

2019年12月13日 12時00分

筒香嘉智

【カリフォルニア州サンディエゴ発】メジャー全30球団の球団幹部、代理人らが一堂に会したウインターミーティングが12日(日本時間13日)に幕を閉じた。ポスティングシステムでの移籍を目指すDeNAの筒香嘉智外野手(28)は11日(同12日)に会場となったホテルで複数の球団と面談した。ブルージェイズ、レイズが有力視されている。代理人のウルフ氏が現状を説明した。

 6日(同7日)の米国入り後、同じ代理人事務所の本塁打王3度、打点王2度のロッキーズの三塁手アレナドと一緒に練習。数球団の幹部の前で打撃や守備を披露し、高い評価を得たという。

 ウルフ氏は候補を3球団に絞ったとし、交渉期限は米東部時間19日午後5時(同20日午前7時)だが、「期限より前に、ここ5~6日で決められる」と早期決着に自信を示した。

 西武から海外FA権を行使した秋山翔吾外野手(31)も10日(同11日)に会場のホテルで4球団と面談している。MLBネットワークのモロシ記者は「筒香、秋山は間違いなくいい(メジャー)契約が結べると思う。筒香はブルージェイズなどアメリカンリーグの球団が有力」と断言した。

【関連記事】