ダルビッシュ カブスに残留

2019年11月01日 12時00分

ダルビッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)

 カブスのダルビッシュ有投手(33)がオプトアウト(契約破棄してFAになる権利)を行使せず、チームに残留することが31日(日本時間1日)、分かった。米大リーグネットワークなどで解説者を務めているジョン・ヘイマン記者は自身のツイッターで「ダルビッシュは後半戦で(WHIP=1回あたりに出した走者数=0・81、防御率2・76、被打率1割9分9厘という)素晴らしい成績を残し、シーズンを通して229個の三振を奪ったものの、オプトアウトはしない」とつぶやいた。球団公式サイトなどが相次いで報じた。

 ダルビッシュは2018年にカブスと6年総額1億2600万ドル(約136億円)で契約し、2年目終了後にオプトアウトの権利が盛り込まれていた。今季は6勝8敗、防御率3・98に終わったが、3試合連続12奪三振以上でシーズンを締め、「間違いなく今までの人生で段違いにいい」と満足感を口にしていた。シカゴでの3年目となる来季、覚醒した姿を見ることができそうだ。