急死スカッグスに新報道 エンゼルス広報職員が薬物渡していた

2019年10月13日 12時01分

【テキサス州ヒューストン12日(日本時間13日)発】7月に遠征先のテキサス州で急死したエンゼルスのタイラー・スカッグス投手が、死因となった薬物をエンゼルスの広報職員エリック・ケイ氏から数年にわたって受け取っていたことが分かった。スポーツ専門局ESPNのウェブサイトが報じた。この報道が流れた直後、エンゼルスはジョン・カーピノ球団社長名義で「我々は、どの職員もどの選手に対して違法薬物を提供していたことなど、聞いたことがありません。選手たちはMLBによる薬物規制を順守しなければなりません」という公式声明を発表した。