エンゼルス大量10失点で逆転負け 欠場大谷「え、ベンチ?」

2019年09月06日 12時00分

欠場した大谷(USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州オークランド5日(日本時間6日)発】エンゼルスの大谷翔平投手(25)は敵地でのアスレチックス戦で欠場した。ネクストバッターズサークルで準備することもなかった。チームは主砲トラウトの45号2ラン本塁打などで一時は5点リードしたが、7回に7失点するなど6―10で逆転負け。このカード3連敗を喫し、チームの連敗も4に伸びた。

 試合開始2時間半ほど前、クラブハウスで朝食を取る際にスタメンから外れていることを知らされた大谷は「え、ベンチ?」と、首をかしげていた。オースマス監督は試合前、相手先発が左腕アンダーソンであることを理由に挙げた。

 しかし、それだけではない。今季初めて「5番・DH」で先発した前夜のアスレチックス戦で真ん中の甘いストレートを空振りするなど、4打席で3打数3三振。4日(同5日)までの10試合で36打数4安打、打率1割1分1厘で16三振と不振だ。昨年9月は24試合で87打数27安打の打率3割1分、7本塁打、18打点と打ちまくった。再現を期待したいが…。