田中 2児の父になり「いろいろ感じることもあります」

2019年06月17日 11時30分

【イリノイ州シカゴ発】ヤンキースの田中将大投手(30)は16日(日本時間17日)、5勝目を目指して先発する翌17日(同18日)に本拠地で行われるレイズとの首位攻防戦に備えて小雨の降る中でキャッチボールや平地での投球練習で調整した。「父の日」のこの日、水色の帽子とアンダーシャツ、スパイクを着用し、汗を流した。

 レイズ戦は5月に12日(同13日)と17日(同18日)に2度先発して1勝、13イニングで1失点の防御率0・69だ。短期間で3度目の対戦で、駆け引きは難しくなると思われるが右腕はこう話す。

「相手が何をしてくるかというより自分が何をしなければいけないのかというところの方が大事なので、そこに神経を注いでやっていくだけ。しっかりとイメージを持ってマウンドに上がりたいと思っています」と気合を入れた。

 先日、長女が生まれて2児の父となり、気持ち的にも変わったところが出てきたという。「そりゃいろいろ感じることもありますけど、しゃべろうとは思わないです」と笑顔。3戦連続で1イニングで4失点している田中。首位攻防戦は快投で白星をつかみたいところだ。