大谷「日本人キラー」だ 菊池雄星に続きマエケンからも一発

2019年06月13日 11時30分

初回、前田から7号ソロを放つ大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

【アナハイム発】エンゼルスの大谷翔平投手(24)は11日(日本時間12日)、ドジャースとの交流戦に「3番・DH」で出場し、相手先発・前田健太投手(31)から先制の7号ソロを放つなど、4打数2安打1打点で、今季初盗塁も決めた。8日(同9日)のマリナーズ戦では花巻東の先輩、菊池雄星投手(27)から6号を放っており、すっかり日本人キラーだ。

 一振りで流れを変えた。初回、前田の前に1番・ラステラが遊飛、2番・トラウトは見逃し三振と簡単に二死となった直後、打席に入った。初球からカーブ、スライダー、チェンジアップと、真っすぐ以外の球種が続く。フルカウントからの6球目、大谷は真ん中やや外寄りのスライダーをライナーで右中間席へ突き刺した。先制の7号ソロ。ニコリともせず、ダイヤモンドを一周した。打球角度は21度と低かったが、飛距離は416フィート(約127メートル)をマーク。

 大谷は「それほど(角度が)上がっているわけでもなかったので、行ったかどうかはちょっと分からなかった。しっかり入ってくれて良かったと思います」と振り返った。この一発で前田を崩すと連続死四球から、6番・グッドウィンの中前適時打、ボアの5号3ランで5点を奪った。

 第2打席は2回二死一塁でフルカウントからの8球目、チェンジアップに空振り三振だった。5回一死無走者は2番手左腕・ファーガソンの前に見逃し三振。7回二死無走者は3番手右腕・バエズと対戦。2―2からの5球目、外角へ逃げるチェンジアップをバットの先で捉え、右前へ運んだ。大谷は続くカルフーンの打席で今季初盗塁を記録した。

 前田、菊池を撃破した大谷。今後の日本人投手との対決は7月12日(同13日)から本拠地で、同19日(同20日)から敵地でマリナーズとそれぞれ3連戦。菊池と2度対戦する可能性もある。同23日(同24日)から敵地でドジャースと2連戦があり、前田は借りを返したいだろう。さらに9月17日(同18日)からはニューヨークでヤンキースとの3連戦。田中将大投手(30)とは昨年1度対戦し、2打数無安打2三振1四球だった。日本人投手2人から一発を放ったのはイチロー以来2人目。田中から奪って3人とすれば初となる。通算3本も初だ。どうなるか。