ヤンキース田中 長女誕生で登板日変更?

2019年06月08日 13時00分

【オハイオ州クリーブランド発】ヤンキースの田中将大投手(30)と里田まい夫人の第2子となる長女が7日(日本時間8日)、誕生した。ヤンキースの広報が発表した。田中は前日にチームを離れてニューヨークに戻り、出産に立ち会った。母子ともに健康という。

 ヤンキースはこの日から敵地クリーブランドで3連戦を行う。田中は9日(同10日)の3戦目に先発予定だったが、ブーン監督によると登板日は後ろにズレることが濃厚のようだ。

「ここに戻ってくるかどうか、まだはっきりしないが、たぶん戻ってこないだろう。あとで田中と話をして、状態などを聞いてからどうするか決めることになるだろう」と指揮官。9日(同10日)の先発投手を変更することになるのかと問われると「多分そうなるだろう」と答えた。

 米メディアはインディアンスとの3戦目はリリーフ投手でつなぐブルペンデーにして、田中の登板は本拠地で行われる10日(同11日)か11日(同12日)のメッツとのサブウエー・シリーズと予想する。ヤンキー・スタジアムで誕生祝いの勝利を挙げる。