田中が“産休”離脱 まい夫人が第2子出産へ

2019年06月07日 12時00分

【カナダ・トロント6日(日本時間7日)発】ヤンキースの田中将大投手(30)がまい夫人の第2子出産に備え、チームを離れてニューヨークへ戻った。田中は9日(同10日)に敵地で行われるインディアンス戦に先発する予定だ。
 
 田中の登板間のルーティンでは、登板2日後となるこの日はランニングデー。ところがグラウンドに出てくる気配がまったくない。クラブハウスのロッカーを確認するとほぼ空の状態だった。
 
 球団広報によると「田中は今日いない。夫人の出産でニューヨークに戻った。言えるのはそれだけだ」とのこと。登板日がズレるかどうかは状況次第だ。
 
 メジャーでは夫人が子供を出産する際に立ち会うことができる産休制度、「父親リスト」があり、最大3試合の離脱が可能。この間は離脱した選手に代わって選手を補充できる。
 
 田中の場合、この日からリスト入りすると8日(同9日)まで。9日(同10日)に登板ができなくなったときは、選手を補充できなくなる。チームが田中をリスト入りさせるかどうかは様子見となりそうだ。