田中“お得意さま”相手に4勝目なるか 日本時間6・5ブルージェイズ戦登板予定  

2019年05月31日 12時00分

【ニューヨーク発】ヤンキースの田中将大投手(30)は30日(日本時間31日)、投手練習の開始より一足早くグラウンドに出ると、両翼ポール間のランニングで汗を流した。その後は一旦クラブハウスに戻り、練習用ユニホームに着替えて投手の全体練習に加わり、キャッチボール。平地での投球練習ではスプリットを中心に調整した。
 
 その田中の次回登板は、今季初の中6日で6月4日(同5日)に敵地トロントで行われるブルージェイズ戦が有力だ。負傷者リスト入りしているベテラン左腕サバシアが2日(同3日)に復帰して先発登板するためで、田中がスライドすることになる。
 
 ここ3試合は白星を手にできず3勝4敗と負けが先行した。ブルージェイズはこれまで11勝(4敗)と最も白星を稼いでいるお得意さま。圧倒する投球で4勝目を挙げたいところだ。
 
 ヤンキースはこの日から宿敵レッドソックスと4連戦だが初戦は降雨予報のため、試合開始2時間15分前に早々と中止が決定。8月3日(同4日)にダブルヘッダーが組まれた。