マエケン好調キープ ブルペン入りし計22球

2019年05月29日 11時30分

【カリフォルニア州ロサンゼルス発】ドジャースの前田健太投手(31)は28日(日本時間29日)、本拠地ドジャー・スタジアムでブルペン入りした。心地よい青空の下、全体練習より約1時間早く出てきて、ストレッチやキャッチボール。その後ブルペンに入り、ワインドアップで11球、セットポジションから11球の全球種、計22球を投げ込んだ。

 投球後、外野のランニングを終えにこやかな表情でグラウンドを出た背番号18は球数などにも理由はなく、その日の気分で投げていると話したが、好調さはキープしているようだ。

 負傷者リスト(IL)から復帰した26日(同27日)の敵地パイレーツ戦では5回3失点で6勝目(2敗)を挙げた前田の次回先発登板は31日(同6月1日)本拠地でのフィリーズ戦の予定だ。