大谷の連続試合安打ストップ ロイヤルズ戦は3打数無安打1四球2三振

2019年05月20日 11時35分

【アナハイム19日(日本時間20日)発】エンゼルスの大谷翔平投手(24)はロイヤルズ戦に「3番・DH」で先発出場し、3打数無安打1四球2三振で、連続試合安打は6で止まり、2試合連続本塁打もならなかった。チームは1―5で敗れ、借金2となった。

 前日に内角やや高めの速球を右翼へ本塁打を放った影響か、この日のロイヤルズ投手陣は真っすぐを見せ球にした変化球勝負の配球だった。

 大谷は先発左腕ダフィーと3打席で対戦。初回一死二塁の第1打席はストレートの四球で出塁し、3回一死一塁はカウント2―2からの5球目、内角から中に入ってきたスライダーに空振り三振。5回一死無走者はスライダーを打たされ、二ゴロ。そして2番手の左腕バーローと対戦した7回一死一塁はスライダー2球のあと、2球続いた低めのボール球のカーブにバットが出て空振り三振。9回二死から2番トラウトが右飛に倒れ、試合終了。大谷に打席は回らなかった。