ダルビッシュがゴルフで処分の松坂を擁護「日本は怪我している期間の縛りがキツすぎる」

2019年05月17日 09時37分

ダルビッシュ

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が17日、ツイッターで、中日の松坂大輔投手(38)に言及した。

 松坂は右肩負傷で2月にキャンプを離脱。リハビリを続けていたが、5月の練習日にゴルフをしていたことが判明し、規律違反として処分を受けた。

 これに対しダルビッシュは「膝とか腰のケガならわかるけど、肩だからゴルフぐらいいいんじゃない? リフレッシュにもなるし」と擁護。

「こっちの人は全然気にしないですね。よっぽど影響が出るようなスポーツならまだしも、肩痛めててゴルフダメは無いと思います。日本は怪我してる時はお酒もダメですが、こっちは関係なく飲んでます」と日米の意識の違いを強調した。

「もちろん嘘ついて治療に行かず、ゴルフならダメ」とクギを刺しつつ「治療の前後なら全く問題ないという認識です。そもそも日本は怪我している期間の球団内外からの縛りがキツすぎます」と日本球界に問題提起した。