史上3人目エンゼルスのプホルスが2000打点 大谷「改めてすごいなと」

2019年05月10日 12時00分

3回に今季6号本塁打を放ったプホルズ(ロイター=USA TODAY Sports)

【ミシガン州デトロイト9日(日本時間10日)発】エンゼルスの主砲アルバート・プホルス内野手(39)がタイガース戦で史上3人目の通算2000打点を達成した。5―0の3回、相手先発のカーペンターが2ボールから投じた3球目、外角やや高めの92マイルのツーシームをフルスイング。きれいな放物線を描いた白球は左翼席に飛び込んだ。今季6号は通算639本目の一発だ。淡々とした表情でベースを1周すると出迎えたトラウトとハグを交わし、ベンチで笑顔の大谷翔平投手(24)とタッチした。

 プホルスは「良いとき悪いときにかかわらず常に支え続けてくれた家族に感謝。常にアドバイスをくれたコーチにも感謝したい。打点は走者がいなければ生まれない。自分の前に塁に出てくれたチームメートがいてくれたおかげだよ」と振り返った。

 通算2000打点は主にブレーブスで活躍した通算755本塁打のハンク・アーロン(2297打点)、ヤンキースなどでプレーした通算696本塁打のアレックス・ロドリゲス(2086打点)に次ぐ3人目の快挙だ。将来の米野球殿堂入りを確実視される強打者がまた大きな勲章を手にした。

☆大谷のコメント=すごいのは、みんな分かっている。練習から取り組む姿勢も素晴らしいなと思う。改めてすごいなと思いました。