大谷 日本時間8日のタイガース戦「DH」で復帰

2019年05月07日 11時30分

 エンゼルスは6日(日本時間7日)、大谷翔平投手(24)が7日(同8日)に敵地デトロイトでチームに合流すると発表した。大谷は実戦形式の打撃練習(ライブBP)を4日(同5日)までに50打席を消化。オースマス監督が復帰の目安としていた40打席を大きく上回っている。タイガース3連戦で昨年9月30日以来のDHとしてスタメン出場することは確実だ。

 米CBSスポーツ(電子版)は「エンゼルスは(デトロイトから始まる)9試合の遠征中での大谷の復帰に期待している」と伝え、大谷が出塁して走者となった場合には右ヒジを保護するためのブレイス(プロテクター)を着けることになると報じた。

 5日(同6日)現在、エンゼルスは15勝19敗でア・リーグ西地区4位。チーム打率2割4分はリーグ12位、154打点は同9位と低迷しており、大谷に起爆剤としての期待は高い。

 3連戦の相手先発は左腕ノリス→左腕ボイド→右腕ロスの予定。昨季の左腕との対戦は99打数22安打、打率2割2分2厘、2本塁打、13打点で、対右腕の227打数71安打、打率3割1分3厘、20本塁打、48打点と比べるとかなり差がある。ノリス、ボイドとは初対戦。敵地ファンを沈黙させるのか、驚嘆の声を上げさせるのか。強烈な一撃に期待だ。