ダルビッシュ 投手コーチと15分間“面談”

2019年04月22日 11時30分

20日のダイヤモンドバックス戦で3敗目を喫したダルビッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)

【イリノイ州シカゴ発】カブスのダルビッシュ有投手(32)は21日(日本時間22日)、キャッチボールなどで調整した。その直前、ホットビー投手コーチ、ボーゼロ投手コーチ補佐らと15分ほど話し合った。先発した20日(同21日)のダイヤモンドバックス戦は初回一死後から2者連続本塁打を浴びるなど5回を5安打3失点で3敗目(1勝)を喫した。

 ホットビー・コーチは「(ベンチを出て)一度、白い(ファウル)ラインをまたいだら、(打者に)アタックする準備をしなければならない。アグレッシブに、戦う準備に入らなければならない」と精神面について話したようだ。次回登板について「(26日=同27日からの)アリゾナで、ということになるだろうが(登板日は)決まっていない」と説明した。