マエケン開幕2連勝 ロッキーズ戦5回4安打1失点

2019年04月06日 12時00分

開幕2連勝の前田(ロイター=USA Today Sports)

【コロラド州デンバー発】ドジャースの前田健太投手(30)が5日(日本時間6日)、敵地でのロッキーズ戦に先発し、5回91球を投げ4安打1失点4三振4四球で今季2勝目を挙げた。防御率3・09。チームは10―6で勝った。立ち上がりから珍しく制球に苦しみ、常に得点圏に走者を背負う苦しい展開だった。それでも窮地でギアを上げ、3回無死満塁のピンチを犠飛による最少失点で切り抜け、5回二死満塁では昨季37本塁打のストーリーを見逃し三振に仕留め無失点。6―1と大量リードした6回の攻撃では右翼線へ鮮やかな二塁打を放ったが代走は送られず、6回も続投かと思われたが、ここで降板となった。6回2/3を投げ3失点で今季初勝利を飾った3月30日(同31日)のダイヤモンドバックス戦に続き開幕2連勝。前田のメジャー4年目シーズンは快調な滑り出しだ。