マリナーズ菊池雄星の父・雄治さんが死去 59歳

2019年03月31日 14時02分

菊池雄星

 米大リーグ・マリナーズの菊池雄星投手(27)の父・雄治さんが31日午前に死去した。59歳だった。

 西武からポスティングシステムでマリナーズ入りした菊池はイチロー外野手(45)の引退試合となった21日のアスレチックス戦(東京ドーム)で凱旋メジャーデビュー。4回2/3、4安打2失点(自責1)と勝ち負けはつかなかった。

 本拠地・シアトルに舞台を移しての29日(日本時間30日)の米国デビュー、レッドソックス戦(Tモバイル・パーク)では6回4安打3失点(自責2)5奪三振の好投も、9回に抑えのストリックランドが逆転3ランを被弾しチームは6―7で敗戦。「一球一球、本当に楽しく投げられた。しっかり指にかかったボールがいけば抑えられる自信はすごくついた」と投球を振り返っていたが、メジャー初勝利を病床にいた最愛の父に届けることはできなかった。

 菊池は夢だったメジャー移籍を昨オフに実現。1月3日(日本時間4日)にシアトルで行われた入団会見には瑠美夫人とともに父・雄治さん、母・加寿子さんの姿があった。