日本時間30日米初先発レッドソックス戦 菊池雄星 世界一軍団への初球は?

2019年03月29日 12時00分

Tモバイル・パークの外壁に登場した菊池の巨大写真

【ワシントン州シアトル発】マリナーズの本拠地開幕戦となった28日(日本時間29日)、菊池雄星投手(27)が翌29日(同30日)に控えるレッドソックスとの米国デビュー戦に向け意気込みを語った。すでに21日の東京ドームでのアスレチックスとの開幕第2戦でメジャーデビューを果たしているが、ムードはやはり違う。「どっちもいい雰囲気ですけど、改めてもう一回開幕するんだという気持ちです。スタジアムの雰囲気であったりとか、選手の気持ちの入れ方とかも、またより一層高まっているなと感じます」

 昨年の王者・レッドソックスは「一発もありますし、小技というかヒットエンドランだったり盗塁も含めて動いてくるチームだと思いますので、とにかく無駄なランナーを出さずにいいカウントを作れればと思います」と警戒。とはいえ相手どうこうより、楽しみながらいかに自分の投球をできるかが重要だと強調した。

 米国での1球目は何を投げるのか。報道陣の問いかけに左腕は「これからコーチとかキャッチャーと話し合うとこですけど、しっかりと悔いのないボールを一球一球、交代するまで全力で投げたいと思います」と気合を入れた。