イチローグッズが急騰 ユニホーム72万円、希少カードは330万円

2019年03月26日 16時30分

Tモバイル・パークのチームストアで売られているイチローのユニホーム

【ワシントン州シアトル発】現役引退を表明したマリナーズのイチロー外野手(45)の引退セレモニーがいつ行われるのか注目される中、レジェンドが2012年の日本開幕シリーズで着用したビジター用のユニホームが米大リーグ公式サイトのオークションに出品されている。米東部時間25日午後8時(日本時間午前9時)現在、33件の入札があり、6550ドル(約72万円)だ。

 このユニホームはイチローが12年3月29日のアスレチックス戦で着たもので、右袖にシアトルに本社のあるボーイング社の広告が入っている。同28日の開幕戦では5打数4安打と大当たりだったが、この試合は4打数無安打。同年7月にヤンキースへトレードで移籍した。

 オークションは引退会見後の同21日午後5時(同22日午前6時)に2000ドル(約22万円)でスタートし、締め切りは同31日午後7時(同4月1日午前8時)となっている。

 オークションサイトのeBayには今年のキャンプでサインされたボールやカードから過去のものまで数多く出品。即決の最高額は希少価値の高いカードで、2万9999ドル(約330万円)と驚きの高値だ。

 さらにマリナーズ公式サイトではイチローのユニホームが試合用と同仕様のオーセンティックコレクションからレプリカまで9種類、メジャー通算3000安打を記念したバットも販売中だ。球場のチームストアでは商品は最も目立つ場所に置かれている。開幕戦用のTシャツも作られたが「いなくて残念」とスタッフは複雑な表情だった。イチロー人気は衰えそうもない。

関連タグ: