菊池雄星に西武Vリング 後藤オーナーが激励

2019年03月20日 18時48分

西武・後藤オーナー(左)から優勝リングを贈られたマリナーズ・菊池

 20日のアスレチックス―マリナーズの開幕戦前に西武・後藤高志オーナー(70)、居郷球団社長(62)、渡辺久信GM(53)が東京ドームを訪れ、菊池雄星投手(27)に昨年のパ・リーグ優勝記念リングを手渡した。

 試合開始直前、40分前に三塁側裏の通路で古巣フロント陣と対面した菊池は、後藤オーナーから直々にリングを手渡され近況を報告。後藤オーナーが「明日もいいピッチングを期待している。調子はどうなの」と聞くと「だいぶいいです」。さらに「歯は?」と問われると「歯も治りました」。最後は「頑張って! 楽しみにしてる」と激励され「はい、頑張ります」と応じた。

 後藤オーナーは「本当に(体が)がっちりしたし、顔色もいい。前回に会ったのは(ファンフェスタの昨年)11月23日。親知らずを抜いた直後で顔が腫れていた。明日も(観戦に)来ますから楽しみにしています。雄星らしくストレートで、とにかくメジャーリーガーをきりきり舞いさせてほしいですね」とエールを送った。