菊池雄星が前日会見 アスレチックスに対し「ひと通りのイメージはできた」

2019年03月20日 17時15分

前日会見に臨んだ菊池雄星

 マリナーズ・菊池雄星投手(27)が20日、メジャーデビュー戦となるアスレチックス戦(東京ドーム)を翌日に控え、前日会見に臨んだ。

 メジャーリーガーとしての初登板を前に「まさかメジャーリーガーとしてのキャリアのスタートを、日本で迎えられるとは思わなかった。後にも先にもこんな経験はない。とにかく楽しみたい。そして、勝つ姿を日本の皆さんに見てもらいたい」。続けて、強力アスレチックス打線に向かう意気込みを「やれることは自分のボールを投げること。とにかくキャッチャーミットを目がけて投げるのみ。それしかできないので、大事に大事に投げたい」と話した。

 さらに「先日の試合を見させてもらって、データや傾向だったりを昨日メモした。ひと通りのイメージはできた。まず大事なのは自分のボールをいかにコントロールできるか。投げたいところに投げ切れるかだと思う」と相手の情報よりも、まずは自分の投球に集中することを強調。

「15歳の時、花巻東の監督さんから『メジャーを目指そう』と話していただいた。一時期はそんなことを言っていられる状況ではなかったが、やっと明日、その舞台に立てることは感慨深い」と憧れ続けた大舞台に立てる喜びを語った。