田中 日本時間9日本拠地タイガース戦に先発

2019年03月07日 11時30分

【フロリダ州タンパ発】ヤンキースの田中将大投手(30)は6日(日本時間7日)、ブルペンで29球を投じた。ノーワインドアップでの投球時にはスタッフに打席に立ってもらい、各球種をチェックした。次回先発は8日(同9日)の本拠地タイガース戦に決まった。

 前日、エースのセベリーノが右肩炎症のため、2週間のノースローが決まり、開幕は絶望的だ。クラブハウスに姿を見せたセベリーノは「少し心配はあるが、シーズン入ってなるより今のうちに治療してシーズンに向かって進める方がいい。よりいい投球ができる」と前向き発言。表情に暗さはなく、田中と談笑する場面もあった。

 現時点で開幕投手候補は田中、昨季17勝の左腕ハップ、今季加入の左腕パクストンの3人。パクストンは2年連続2桁勝利中だが、“新顔”でいきなりの大役は考えづらい。昨季途中に移籍してきたハップも開幕投手は1度だけ。そうなると3度の経験と、大舞台での勝負強さが際立つ背番号19とする見方が強い。日本人投手最多の4度目はなるか、注目だ。