ヤンキース・田中の「有馬記念」ガチ予想

2018年12月23日 09時00分

 お待たせいたしました! ヤンキース・田中将大投手(30)のガチ予想。今週はもちろん、2018年の総決算「第63回有馬記念」(23日=中山11R)だ。昨年、見事に3連単(2万5040円)を○◎△でブチ当て“タナカタイム”炸裂。持ち前の大舞台での強さを見せつけた。今年も大いに期待したいところだが、果たして本命は――。

【ヤンキース・田中将大のガチ予想】昨年は単勝8番人気のクイーンズリングを本命にして、勝ったキタサンブラックに○。切れのある推理で見事的中させた。自らの“予想史”の中でも「会心の部類」と振り返る。

 中央競馬究極のグランプリレースにして、平成最後の有馬記念。舞台が整うほど、期待が大きいほど力を発揮するのが田中の真骨頂だけに注目度も高い。データをにらみ、じっくり長考した右腕だが「ここは逆らえないですよ」と◎を打ったのはGⅠ2勝馬⑫レイデオロだった。

「中山でも走っているし、休み明けから2戦使ってここが3戦目というのもデータ的にいい。天皇賞・秋、オールカマーと勝っているし、ある程度の位置で競馬ができているので…。それに1番人気が好成績というのもあります。ルメール騎手も今年、競馬界の象徴的存在でしたから」

 対抗は16年の優勝馬⑥サトノダイヤモンド。「ここが引退レースですよね。引退レースの馬は好走する傾向があるので…。枠もいいところに入りましたしね。人気的にも狙える立ち位置じゃないかなと」

 ▲には唯一の3歳馬⑧ブラストワンピースをピックアップした。「今年は3歳世代が強いと言われています。この馬はクラシックを取っていないというのが難しいところですが、菊花賞からのローテがいいレース。また、ダービーで惜敗して新潟記念を勝ったときが距離短縮だった。同じケースなので、脈ありかなと」

 ★は③モズカッチャン。有馬記念史上最多の勝利を挙げている馬番で、有馬記念と相性のいい牝馬でもある。「昨年のクイーンズリングと同じイメージ。いい枠に入りましたね。(日程に余裕のある)エリザベス女王杯からきてますし、鞍上は何といってもM・デムーロ騎手。これは押さえなあかんとこですよね」

 以下、△にはフランス帰りの②クリンチャー、ジャパンCで上がり最速をマークした⑩ミッキースワロー、宝塚記念を制した⑪ミッキーロケットをチョイスした。気になるのは上位人気が予想されるキセキを外した点だが「この秋4戦目ですし、超高速決着だった前走で2着した反動もあるんじゃないかなと。あれだけのレースやったんで…。しかも先行したい馬の外枠というのも…。人気なので押さえたくなりますが、ここは切ろうかなと」。

 平成最後のグランプリ、タナカタイム炸裂で締めくくりたい有馬記念ガチ予想。注目の買い目は「本命⑫レイデオロの軸1頭マルチ3連単。相手は②、③、⑥、⑧、⑩、⑪でいきます!」。