米ウインターミーティングで菊池雄星の人気高騰

2018年12月12日 11時30分

菊池雄星

【ネバダ州ラスベガス11日(日本時間12日)発】メジャー全球団の首脳陣や選手の代理人らが集結するウインターミーティングで、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す、西武の菊池雄星投手(27)の人気が高騰している。ジャイアンツのファーハン・ザイディ編成本部長は「我々はFA選手についてコメントしないが、彼はスカウトが何度も見ている選手だ」と話すと、こう続けた。「まだ公式なミーティングは行っていないが、近々ミーティングを行うことになるだろう」。代理人のスコット・ボラス氏については「まだ話をしていないが、予定はある。(話をするのはボラス氏が抱える)全てのFA選手について、だ」とした。

 マリナーズのジェリー・ディポトGMは「彼は素晴らしい投手で、日本で素晴らしい実績を残している。27歳だ。獲得には興味を持っている」と明言。ボラス氏との話し合いは「もちろん」とウインターミーティング中にも接触する予定だ。

 争奪戦については「しばらくは移籍市場の動きに注目したい。彼には(30日間の)タイムラインがあり、フィニッシュライン(交渉期限)がある。(期限のないFA選手と比較すると)少しやりやすいかもしれない」と見通しを語った。