フィリーズ監督&レンジャーズ監督が菊池雄星にラブコール

2018年12月11日 11時30分

菊池雄星

【ネバダ州ラスベガス10日(日本時間11日)発】メジャー全30球団の監督、GM、選手の代理人らが一堂に会するウインターミーティングが始まった。移籍市場の動きが激しくなりそうで、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す西武の菊池雄星投手(27)も目玉の一人だ。公式会見に臨んだフィリーズのキャプラー監督は「(菊池は)見たことはないが、才能ある選手はいつも、我々のチームを良くしてくれる」とラブコールを送った。

 ダニエルズGMが菊池獲得の意向を示しているレンジャーズのウッドワード新監督はこう話した。「我々は彼を見てきている。多くの(球団関係の)者が見ている。今、我々が(獲得への)その道に注目しているのは間違いないし、(面談で)会うのではないかな。我々がどの位置になるか分からないが、私が目を通した全てのことからして、(戦力として)持つには、彼はものすごくいいようだ」。

 ヤンキースのキャッシュマンGMは「先発投手を探している。(最初は)2人だったが、今は1人になっている。(菊池については代理人の)スコット・ボラス氏と話をしている。ここではなく、ここに来る前にだ」とウインターミーティング前に接触したことを明かした。

 いよいよ争奪戦に突入だ。