田中将大に地元紙が「ワイルドカード先発から脱落!」

2018年09月22日 12時00分

 ニューヨークの地元メディアは21日(日本時間22日)、ヤンキースの田中将大投手(29)をワイルドカード(WC)ゲームの先発投手候補から外した。先発した20日(同21日)のレッドソックス戦で4回0/3を1本塁打を含む、8安打5失点。6―4と逆転した直後の5回に先頭から連打されたことも大きなマイナスだ。

 ニューヨーク・ポスト紙は「乱調は右腕をWCからほぼ除外」とバッサリ。悔しい表情を浮かべる田中の写真に「君は脱落!」と辛辣なキャプションを付けた。ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙は「田中はポストシーズンでのスポットライトを放棄した」と手厳しかった。

 一方、ニューズ・デー紙は「まだWCゲームの先発候補ではある」。NJ.comも「田中は木曜(20日)夜までWCゲーム先発の最良な選択肢に思えたが、また予測がつかなくなった」と嘆いたものの、候補から外さなかった。

 大一番のマウンドに誰が上がるのか。田中、ハップ、セベリーノと横一線だったが、背番号19は一歩後退した格好だ。