「4番・DH」で2三振も大谷「ボールの見え方」に手応え

2018年05月28日 16時30分

田中とのメジャー初対決で大谷は無安打に終わった(AP)

【ニューヨーク27日(日本時間28日)発】ヤンキース戦に「4番・DH」で先発した大谷翔平投手(23)は、田中将大投手(29)とのメジャー初対決で2三振、1四球。大谷はヤンキース戦をメジャー自己ワーストの3試合連続無安打で終えた。

 差は縮まったが壁を越えることはできなかった。注目の第1打席は1回二死一塁で回ってきた。ものすごいブーイングが浴びせられた。初球のスプリット、2球目のフォーシーム、3球目のスライダー、4球目のフォーシームをじっくり見極めてカウント3―1。5球目のスライダーに初めて手を出したが空振り。6球目、外角低めのスライダーにバットは空を切った。4回無死一塁は四球で歩いた。

 3打席目はシモンズの本塁打が出た直後の6回一死。カウント1―2から真ん中低めにスプリットを落とされ空振り三振だった。

 日本時代は高卒1年目で11打数無安打6三振。前日、「正直、勝負になっていない打席のほうが多かった。それが明日、詰まっているのか、もっと離れているのか分からないので、そこはすごく楽しみ」と話していたが、打球を前に飛ばすことはできなかった。

「(田中さんは)全体的にどの球種も、しっかりと制球することができるというのは日本にいたときからそう。今日もすごくいいところに投げつつ、審判も巻き込んで、ストライクと言わせるような、そういう素晴らしいコントロールがあった」と脱帽。しかし、自身については「ボールの見え方とかは進歩はしているんじゃないかなと思う」と強調した。

 9回の第4打席では2日前に102マイル(164キロ)のフォーシームを打って遊ゴロに倒れたメジャー最速左腕のチャプマンと再戦。5球目に99マイル(160キロ)のフォーシームをファウル。フルカウントから外角低めの101マイル(163キロ)を自信を持って見逃し、四球を選んだ。大谷は「(初球から)思い切ってはいきましたけど、やっぱりファウルになるってところの球の強さというのは、これは一日やそこらでどうこうなるのかな?っていうところもある」と振り返った。それでも「もらった四球ではなくて、しっかり取っている四球なので、これは進歩していると思う」と胸を張った。

 大ブーイングを浴びたヤンキー・スタジアムでの3連戦は自己メジャーワーストの13打席連続無安打と沈黙。敵地のファンを黙らせることはできなかったが、ボールを当てにいかず常に振り切った。打球とともにスイングスピードの速さはニューヨークを驚かせただろう。ヤンキースとの今季のレギュラーシーズンの対戦は今回の3連戦で終了。田中との投げ合い、打者としての再戦は待ち遠しい。メジャーでも屈指の黄金対決、ポストシーズンで実現すれば大熱狂確実だ。