田中6勝目 メジャー初対決で大谷に貫禄勝ち

2018年05月28日 16時30分

初回、大谷を三振に仕留めた田中(AP)

【ニューヨーク27日(日本時間28日)発】ヤンキースの田中将大投手(29)はエンゼルス戦に先発し、6回を投げ、1本塁打を含む3安打1失点、8三振3四球で6勝目(2敗)を挙げた。「4番・DH」で先発した大谷翔平投手(23)との日米注目の対戦は2三振、1四球と抑え、貫禄を示した。田中は4連勝、一方の大谷はヤンキース戦をメジャー自己ワーストの3試合連続無安打で終えた。

 今季最多の104球を投げ、エンゼルス打線を6回1失点で6勝目を挙げた田中は、4番に座った大谷を2三振1四球の無安打に抑えた。

 2人の直接対決は5年ぶり。周囲の盛り上がりとは対照的に、楽しみや興奮は「特別あったわけではないですね」。それでも「彼とこの舞台で対戦できるってことは…彼のおかげで注目してもらえましたけど、自分はしっかり抑えられたと思います」とメジャー5年目の貫禄を見せつけた。

 初回二死一塁で迎えた大谷の第1打席では、田中が投げるごとにスタンドから歓声が上がった。カウント3―1から投じたスライダーで空振りを奪うと、大谷のマン振りに観客が「オーッ!」とどよめく。その後、内角スライダーで空振り三振を奪うと球場全体が興奮に包まれた。

 2打席目は4回、中前打で出塁した先頭のシモンズを一塁に置いての勝負だった。外角にこの日多めに使ったというフォーシームを中心に投じていくが、見極められてカウント3―1。スライダーを外角低めいっぱいに決めていったが、バットは止まって四球で歩かせた。

 6回には一死走者なしからシモンズにソロ本塁打を被弾。球数が90球を超えたところで大谷との3度目の勝負に臨んだ。カウント1―1から149キロフォーシームを外角に決めて追い込むと、真ん中から落とし込んだ宝刀スプリットに大谷のバットが大きく空を切り締めくくった。

 日本時代の2013年にも大谷を11打数無安打6三振に封じている。田中は「正直、あんまり覚えてないです」と苦笑いしつつも「もちろん彼を抑えることは容易ではないです。今季、これまですごい打ってましたし。それだけでも神経を使う部分ではありましたけども、なおかつ選球眼がいいのでくさい(際どい)ボールは振ってはこなかった。今日は僕が抑えましたけど、容易ではなかったですよね」と敬意を表した。

 当初は投げ合いが確実と言われながらも、大谷のコンディションが考慮され取りやめになった。肩透かしを食らってがっかりする周囲をよそに、田中は「『あ、投げ合うことはなくなったのか』っていうふうには思いましたけど、直接対戦するのは投手と打者なので、そういう意味では、この対決を楽しみにしてくれていたファンの方々は、こっちの方が良かったんじゃないかな」と冷静だった。僅差のリードを守り、先発投手としての役割を果たしての勝利は格別だったに違いない。