【センバツ】彦根東は延長サヨナラ負け 9回まで無安打の増居「もう一度鍛え直す」

2018年03月31日 15時35分

サヨナラ負けを喫した彦根東の増居翔太(右)

 第90回選抜高校野球大会第9日(31日、甲子園)、彦根東(滋賀)は花巻東(岩手)に延長10回、0―1でサヨナラ負けを喫した。

 9回まで無安打無失点、14奪三振と快投を見せながら、延長10回に力尽きたエース左腕・増居翔太投手(3年)は「最後の最後に打たれて点を取られたのは弱さが出た。ノーヒットはかなり序盤から気づいていたが、いつかは打たれるだろうなと思っていた。今日の自分はできすぎ。いつかどこかで落とし穴があるかなと」と淡々と試合を振り返った。

 続けて「もう一度鍛え直して、最後の最後まで踏ん張れるように夏までの課題にしたい。今回(センバツに)出て、他の高校も県大会ではマークしてくる。夏の大会で足元をすくわれないように、レベルアップして帰ってきたい」と誓った。