【選抜】東海大相模・斎藤 3ランは「『切れるな!』という思いで」

2018年03月27日 15時23分

力投する東海大相模・斎藤

 第90回選抜高校野球大会第5日(27日、甲子園)、東海大相模(神奈川)が聖光学院(福島)に12―3と大勝し、3回戦に進んだ。

 投打の主役はエース・斎藤礼二(3年)。投げては8回2/3を3安打3失点(自責2)の好投、打っては初回に打者一巡6得点の猛攻を締めくくる3ランで、秋の東北王者を圧倒した。

 高校通算2本目、公式戦では初本塁打だという斎藤は「憧れの舞台で1勝できて、最高の気分です。ホームランは『切れるな!』という思いで見ていた。打った感触はそんなによくなかったです」とはにかんだ。