【選抜】1球に泣いた中央学院・大谷「変化球を投げていれば…」

2018年03月25日 17時01分

サヨナラホームランを浴び号泣する大谷(中央)

 第90回選抜高校野球第3日(25日、甲子園)、中央学院(千葉)は明徳義塾(高知)に5―7とサヨナラ負けを喫した。

 二刀流で注目されたエース・大谷が号泣した。5―4の9回二死一、二塁、明徳義塾の主砲・谷合(3年)にバックスクリーンに運ばれるまさかの幕切れに「変化球を投げていればよかった。投げ急いでしまった…」。

 初回に3失点しながらも、その後は安定感を取り戻していた。打っては1番打者として初回に右前打を放つなど投打でチームをけん引したが、勝利を目前にして1球に泣いた。