【選抜】明徳義塾・馬淵監督 劇的勝利で甲子園通算50勝目「この試合は忘れられない」

2018年03月25日 15時24分

サヨナラホームランを放った谷合悠斗(左)と握手する馬渕史郎監督

 第90回選抜高校野球第3日(25日、甲子園)、明治神宮大会覇者の明徳義塾(高知)が中央学院(千葉)を7―5で下した。

 1点を追う9回二死走者なしから安打と死球で一、二塁と粘ると、4番・谷合(3年)がバックスクリーンへ劇的な逆転サヨナラ3ラン。谷合は「打った瞬間はホントかなと思った」と夢心地でダイヤモンドを一周した。

 甲子園通算50勝目を手にした馬淵監督も「この試合は忘れられないでしょうね」と感極まった様子。脅威の粘りを見せたナインには「なんかしてやろうかな」と感謝した。