【センバツ】女子マネジャー「人工芝限定」で練習に初参加

2017年03月14日 13時16分

女子マネジャーとして初めて甲子園練習に参加した不来方の越戸あかりさん(左)

 第89回選抜高校野球大会(19日開幕)の甲子園練習が14日始まり、仙台育英(宮城)が先陣を切り汗を流した。

 

 この大会から女子マネジャーの甲子園練習参加が認められ、2番目に登場した不来方(こずかた=岩手)の女子マネジャー3人が最初の参加となった。ノッカーにボールを手渡す役を務めた越戸あかりさん(2年生)は「すごく緊張したけど、選手たちが楽しそうにやっていたので、私も楽しませてもらった」と目を輝かせた。21世紀枠での出場となる不来方は、選手10人で女子マネジャーも貴重な戦力。30分と限られた時間で、ナインは守備練習を中心にグラウンドの感触などを入念に確かめた。練習を見守った日本高校野球連盟の竹中事務局長は「彼女たちの日ごろの練習(での貢献)に報いることができたのかなと思う」とうなずいた。

 

 女子部員の甲子園練習参加が注目を集めるのは、昨夏の選手権大会に端を発する。大分の女子マネジャーがユニホームを着用して本塁付近でのノックのボール渡しを行い、制止を受けた。規定で練習補助員が男子部員に限られていたためだが、この対応に批判が集中。選手権大会後、高野連は規定変更を協議し条件付きで女子部員の参加を認めることを決めた。

 

 確かな一歩ではあるが、女子部員の練習参加の範囲はまだ内外野の人工芝内だけと限定的だ。甲子園の青々とした天然芝や土を踏むことはできない。竹中事務局長は「今後、練習風景を見ていく中で安全が確認できて、範囲を広げていってもいいという意見が多くなれば、広がっていく可能性はある」と話した。