【神宮大会】履正社が決勝進出 早実と頂上決戦

2016年11月14日 15時49分

復調を印象づけた履正社・安田尚憲

 第47回明治神宮野球大会は14日、高校の部・準決勝を行い、履正社(大阪)が札幌第一(北海道)に7―2と快勝し、決勝進出を果たした。履正社は3回に4安打を集めて一挙4得点。終盤にも3点を追加した。

 

 15日の決勝では、怪物・清宮幸太郎(2年)に加え、この日の第1試合で5打数3安打4打点と大暴れした野村大樹(1年)を擁する早実と激突する。乱打戦となるのは必至だが、大会初安打を放ち復調を印象づけた“西のスラッガー”安田尚憲(2年)は「清宮と、それもこの神宮の決勝で戦えるのは光栄。芯に当たった時、ボールを飛ばす力は僕もそれなりにある。清宮に負けないように頑張りたい」と気負った様子もなく話した。

 

 今大会11打数4安打7打点と勝負強いバッティングが光る松原任耶(1年)も「野村はすごいとは思うけど、自分たちの野球をすれば相手は関係ない」ときっぱり。同級生スラッガーも眼中にない。

 

 東西スラッガー対決を制し、秋王者の称号を手にするのはどちらか。決勝に注目が集まる。