【早実・清宮】第1打席はフェンス直撃の先制二塁打

2016年07月14日 13時05分

第1打席で適時二塁打を放った清宮

 第98回全国高等学校野球選手権西東京大会は14日、ダイワハウススタジアム八王子で2回戦の早実―都秋留台戦が行われた。

 

 早実の怪物スラッガー清宮幸太郎内野手(2年)は「3番・一塁」で先発出場、第1打席で中越え適時二塁打を放った。

 

 初回の打席は無死一、三塁のチャンスで回ってきた。なかなか制球の定まらない相手投手だったが、カウント3―1からの5球目、真ん中に入ってきた緩いカーブを完璧に捉えると打球は中堅フェンスを直撃。あと少しでホームランかという先制打で訪れた観客の期待に応えた。