【野球賭博】巨人ドラフト1位・松本竜と笠原が新たに関与

2015年10月21日 13時11分

野球賭博を行っていた笠原(左)と松本竜
野球賭博を行っていた笠原(左)と松本竜

 日本野球機構(NPB)の調査委員会は21日、野球賭博に関しての中間報告を行い、巨人の笠原将生投手(24)と松本竜也投手(22)の2人も野球賭博を行っていたと発表した。

 調査委は笠原が福田聡志投手(32)に紹介したA氏を野球賭博常習者と認定。福田はA氏と今年8月から9月までにプロ野球約10試合で野球賭博を行ったほか、5月から9月までに高校野球や米大リーグの試合の勝敗、マージャンやバカラの勝敗にも金銭を賭けていたとした。

 笠原は昨年4月から10月までにプロ野球10〜20試合に賭け、高校野球やマージャン、バカラの勝敗にも賭けていた。松本竜は昨年6月から10月までにプロ野球十数試合の勝敗に賭けていた。

 笠原は福岡工大城東高から2009年ドラフト5位で入団。通算80試合に登板し、7勝1敗。松本竜は香川・英明高から12年にドラフト1位で入団。身長193センチの大型左腕で、高校時代は「和製ランディ・ジョンソン」と呼ばれた。一軍での登板経験はない。

関連タグ:

ピックアップ